レンジローバー、天井張り替え

A-1.バックドア付近(1)
A-1.バックドア付近(1)
車種:
ランドローバー レンジローバー 4.6HSE
材料:
ウレタン付天井生地
説明:
車も年数を経ると、天井生地が剥がれ落ちてくる事があります。[下記「天井張り替え、施工前の状態」、参照]
このような場合、「何とか補修できないか?」というご相談をいただくことが、多々あるのですが、補修では問題解決にはなりません。

何故ならば、天井生地の剥がれの主たる原因が、天井生地の劣化にあるためです。 特に、生地の内側のウレタンが劣化して変質してしまっていることが多いです。
従って、こういう場合剥がれている箇所を修理しても、天井生地の劣化という根本原因はそのままですので、長い目で見れば、今後天井関係のトラブルが続発するとことが考えられます。

そこで、こういう場合の解決策としては、天井生地の張り替えをお勧めしています。
A-2.運転席付近
A-2.運転席付近
A-3.運転席付近から後方を写した写真
A-3.運転席付近から後方を写した写真
A-4.バックドア付近(2)
A-4.バックドア付近(2)

天井張り替え、施工前の状態

B-1.張り替え前:バックドア付近からの写真
B-1.張り替え前:バックドア付近からの写真
「A-1 の写真」 又は 「A-4 の写真」 と比べると、後部座席付近の劣化がはげしい事がわかるかと思われます。
B-2.張り替え前:後部座席付近の写真
B-2.張り替え前:後部座席付近の写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket