ボート用オーニング張替え

A-1.右舷側を下から見ています。この写真には右舷前部とキャビン後部のオーニングが写っています。
A-1.右舷側を下から見ています。この写真には右舷前部とキャビン後部のオーニングが写っています。
材料:
ジープターポリン(色=ホワイト)
アウトドアーフィルム(色=クリアー)
説明:
このボートには上部キャビンを囲むように、左右前部(各1枚)、及び、後部にオーニングがついていました。
しかし、汚れ・ほつれ・ファスナーの破損等もあり、張替えることになりました。
基本的な仕様は、元々のオーニングと同じように作ってあります。
キャビン前部のオーニング(左右にそれぞれ各1枚):
キャビン前部の左右部分をオーニングで囲っています。
元々のオーニングが亀の子ホックで固定するようになっており、それをできるだけ再利用しています。
特徴としては、透明なアウトドアーフィルム製の広い窓を持っています。
又、窓にはU字型のファスナーが付いています。
U字ファスナーを開け、そのU字部分を上に巻き上げることで、通風・換気することができます。
キャビン後部のオーニング:
左右、及び、真ん中部分が3枚と、5つのパーツで構成しています。
それぞれのパーツは、ファスナーを開閉することで、一部分だけを開けたりすることが可能です。
開けたパーツは上部に透明のバンドが付いており、これを使って上に巻き上げることができます。
A-2.左舷前部のオーニングをやや前から見ています。
A-2.左舷前部のオーニングをやや前から見ています。
A-3.左舷前部のオーニングをキャビン内より見た写真
A-3.左舷前部のオーニングをキャビン内より見た写真。
A-4.右舷前部のオーニングをキャビン内より見た写真
A-4.右舷前部のオーニングをキャビン内より見た写真。
A-5.船首方向より。上部キャビンの左右部分がオーニングになっています。
A-5.中央のボートです。
船首方向より。上部キャビンの左右部分がオーニングになっています。
A-6.キャビン後部のオーニング。やや左舷側から撮影しています。
A-6.キャビン後部のオーニング。やや左舷側から撮影しています。
A-7.キャビン後部のオーニング。やや右舷側から撮影しています。
A-7.キャビン後部のオーニング。やや右舷側から撮影しています。
A-8.キャビン後部のオーニングをキャビン内より見た写真(右舷側)。
A-8.キャビン後部のオーニングをキャビン内より見た写真(右舷側)。
A-9.キャビン後部のオーニングをキャビン内より見た写真(左舷側)。
A-9.キャビン後部のオーニングをキャビン内より見た写真(左舷側)。

オーニング、張替え前

窓の部分に多くの黒い点状の物が写っています。
この時はキャビン内にたくさんの虫がいたために、それが写っているのです(特に、「B-1」、「B-2」の写真)。
従って、この黒い点状の物は、汚れではありません。 予め、ご了承ください。

キャビン前部のオーニング

B-1.張替え前:左舷前部のオーニング(外から)
B-1.張替え前:左舷前部のオーニング(外から)
B-2.張替え前:左舷前部のオーニング(内から)
B-2.張替え前:左舷前部のオーニング(内から)

キャビン後部のオーニング

B-3.張替え前:キャビン後部のオーニング
B-3.張替え前:キャビン後部のオーニング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket