コクピット用ボルスター、リメイク

A-1.船尾方向。上に乗っているのは、トランサム・ドアの跳ね上げ式ゲートです。
A-1.船尾方向。上に乗っているのは、トランサム・ドアの跳ね上げ式ゲートです。
この跳ね上げ式ゲートにもボルスターがついています。
材料:
マリンビニール(色=N-1:チョーク)
ウレタン(厚さ:60ミリ)
檜パネル(厚さ:12ミリ)
ボルスターとは:

詰めモノをした緩衝材とかパッド類の総称。フィッシングボートの場合はコックピットの内側周囲に貼られる人体保護のためのパッド。

«参考URL»
株式会社八点鐘 「フィッシングボートの基礎知識(1)」 BIGGAMEのブログ
[online] http://www.big-game.jp/chase/c7/c7_3/index_1.html  ( 最終閲覧日: )
説明:
コクピット用のボルスターが、破れ・汚れ等が目立つようになってきたため、張替えのご相談を受けました。
このボルスターは、芯になる部分が、コンパネ。それに、クッションとなるウレタン。表面は、耐候性に優れたマリン用レザー、という3重構造になっています。
しかし、表面の汚れや破れ、芯のコンパネの腐蝕が進んでいたため、全面的にリメイクすることになりました。
新しいボルスターは、芯のパネルに防腐加工を施した12ミリ厚の檜を使用し、ウレタン厚は、約60ミリ。 レザーは、高い耐候性を持つアメリカ製のマリンビニール。
中に水が浸み込まないように、できるだけ縫い目は入れないという仕様で作ってあります。
A-2.左舷のボルスター
A-2.左舷のボルスター
>A-3.右舷のボルスター
A-3.右舷のボルスター

ボルスター、リメイク前

B-1.リメイク前:左舷のボルスター
B-1リメイク前:左舷のボルスター
B-2.リメイク前:右舷のボルスター
B-2.リメイク前:右舷のボルスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket